サステナワード2020大賞受賞!!!

受賞から1ヶ月。メディア等でも取材していただき、SNSでも告知しておりましたがHP更新が滞っておりました汗。

去る2月1日、あふの環プロジェクト「サステナアワード2020」の表彰式が開催され、富山湾しろえび倶楽部が「つかう部門」において、見事大賞を受賞致しましたー!!!

さて、この「サステナアワード2020」ちゃ何かと言いますと、

農林水産省、環境省、消費者庁の合同プロジェクト 「あふの環(わ)2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~」という、2030年のSDGs達成を目指し、今だけでなく次の世代も豊かに暮らせる未来を創るべく立ち上げられたプロジェクトというものがありまして、

その「あふの環プロジェクト」が行なっている活動の一つに「サステナアワード」というものがあるわけです。

SDGsゴール12「つくる責任つかう責任」を踏まえ、食や農林水産業に関わる持続可能なサービス・商品を扱う地域・生産者・事業者の取組や、これらに賛同する消費者グループの方々の取組を広く国内外に発信していくことを目的として、取組をわかりやすく紹介する動画を募集し、その中から優秀な作品を選ぶというものです。

表彰式はリモートにて行われ、ソワソワしながら準備を進めておりました。事前に何らかの賞をいただけるとの連絡はありましたが、いざ表彰式が始まっても待てど暮らせど紹介されないし、受賞は間違いかと思いながら時間は過ぎて行きました。待ちくたびれて寝そうになっていたところ(この日は昨夜から出漁でみんな寝不足でした笑)、発表されたのは一番最後。まさかまさか大賞でした!

いやいや、大変光栄なことでありますが、この賞は富山湾しろえび倶楽部の活動というより、先人たちが培ってきた「新湊の白えび漁」が評価されたことによるものであると思っております。そのことがとても誇らしく思います。

後日、受賞の報告に射水市庁舎を訪問。

この場には「白えび大使」の立川志の輔師匠も駆けつけていただき、ともに夏野元志射水市長に受賞の報告をいたしました!!

市長から激励の言葉を頂戴し、これからもこれまで同様、白えび漁としろえび倶楽部の活動を精一杯頑張っていくことを一同胸に誓ったのでありました!

白えび大使の志の輔師匠からもお祝いのメッセージが届いております。

何度も言いますが、今回、サステナアワード2020大賞という大変栄誉な賞を頂きとても光栄に思うと同時に、先人たちが培ってきた「新湊の白えび漁」が高い評価を受けたこと、これが一番嬉しく誇りに思います。

先人の漁師のじいちゃんたちに言わせれば「プール制?」「サステナブル?」「何じゃちゅが!」とか言われそうですが、時代を超え、いま改めて評価されたこと、私たち若い世代がしっかりと後世に受け継いでいくことがとても大切であると再認識しました。

そして、富山湾しろえび倶楽部を通して今後もそれらのことを発信し、多くの方に知っていただき、共に豊かな未来へと歩んでいけたら最高やなと思います。

皆さん、今後ともご支援のほど宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です